2006年02月27日

Content-Type

LotusScriptでHTMLを出力する場合、Print文を使用する。
すべてのPrint出力に先駆けてContent-Typeを出力しておくと、出力形式をHTML以外に変更することが可能。
例)
Print "Content-Type: text/xml; charset=UTF-8"

XHTMLで出力する場合、どの形式で出力するのが正しいか?
1) text/xhtml
2) text/xml
3) text/html

Firefoxでは2でも3でもOKだった。
1の場合はダウンロードとなってしまうが、無理矢理表示させることは可能。

IEの場合は3でのみOK。
1はFFと同様ダウンロード対象になり、操作に「表示」が含まれていないので保存のみ。
2の場合はXMLのツリー形式で表示されてしまう。
【関連する記事】
posted by はまかもめ at 08:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13858433

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。