2006年02月24日

NSFコンパイラ・逆コンパイラ

R3の頃、アプリケーションを開発していて思ったことがある。
「NSFをプログラムだけで開発できたらいいのにな〜」

Notesクライアント向けの開発をしていると、ほとんど一緒なのに微妙に違うたくさんのビューや、どこで定義したのか分からなくなってしまう非表示式で振り回されたりすることがある。
Notesに出会う前はC++の開発をしていたので、そういう問題はオブジェクト指向の継承でなんとかならないものかと。
そんな折り、NotesにはC APIツールキットがあることを知り、ふとこんな式でNSFが開発できたらと思ったのだ。

class NewNotesNSF : public NotesNSF {
...
}

もちろん、コードからNSFの一方通行だと意味がないので、NSFを逆コンパイルすると上記のようなコードが生成される。

そんな途方もないことを考えていたら、アッという間にリリースは7になってしまっていた。
僕がそんなことをする時間ができるくらい儲かっていたら・・・んなわけないか。
posted by はまかもめ at 00:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 全般・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13686614

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。